ベスト+スカート夏のファッションスタイルのマッシュ

ドレスは、我々は夏に、単一の製品を装備しなければならなかったということができるが、それに合わせてベストで、あなたがこれまで考えたことはありますか?実際には、小さなチョッキは、また表情で美しネットワークでは、次の期間は非常に実用的です。
白いレースのドレス+ベージュのレザーベスト+黒革マーティンブーツ+赤い革のハンドバッグ、甘くてハンサム、赤いハンドバッグ吸引目はもっとバラ色の組み合わせ:でデモンストレーション。

 小马甲+裙装 夏日混搭潮流style

【大歓迎】シャネル 財布 メンズ|レディース バッグ新作

シャネルの創立者、ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)は1883年、フランスに生まれる。父は行商人。母親が他界し、家族は方々に散り、シャネルは孤児院や修道院で育った。シャネルの打ち出すファッションは、モノトーンな色が中心だが、それは修道院で黒などべーショックな服を着用していたからと言われている。ちなみに修道院の規律正しい生活の中で、シャネルはお針子としての技術を身につけている。1905年、踊り子(歌手)を目指しキャバレーで歌う仕事に就く。美しさも兼ね備えたシャネルは、店の人気者となり、ミドルネーム、ココと呼ばれて親しまれた。これがココ・シャネル(CC)の由来で、有名なモノグラムに繋がる。歌手をした時期に出会った、ブルジョワ出身の青年将校の愛人となり、その青年将校の出資で、1909年に帽子店を開業。その後も、シャネルはブランドの初期段階で、恋人から出資を受けて事業を拡大していく。装飾が多い帽子の多い中、シャネルのシンプルなデザインは多くの注目を集めた。帽子から衣服など徐々に展開を広げる。過去の成功したデザイナーは皇室、女優などの影響力を利用してスタイルを提案していくことが多かったが、シャネルの場合は、その美貌と女性として持っていたカリスマ性、活動的な性格、生き方など自分自身がブランドの広告塔となった。1919年、クチュリエとしてオートクチュールのコレクションを発表。シックで着心地の良さを追求し、シンプル&エレガンスを追求する。そのシンプルさは、彼女の考える女性の解放であり、女性のスタイルだった。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !